INFORMATION

2017.03.24
まだまだ使える!だしを取った後のだしパックの活用法のご紹介

おにぎり

 

いつも日本橋三越本店 日本橋だし研究所へのご来店頂きありがとうございます。
今週はだしを取った後のだしパックの活用法のご紹介です。
ご使用後のだしパックを捨ててませんか?だしを取った後の中身に、味を足しておにぎりにすると美味しいですよ。
是非試してみて下さい。

<ご用意頂く材料(おにぎり3個分)>

・使用済みのだしパック1袋
・ごはん1合(お茶碗2杯分)
・砂糖小さじ1
・塩適量
・醤油小さじ1
・出汁(必要に応じて) 大さじ1〜3
・鰹節(あれば)適量

<作り方>
1:他メニュー等で出汁を取った後のだしパックの中身を取り出す。

だしパックの中身

 

2:だしパックは水分を軽く切ってから中身をとりだし、砂糖小さじ1、塩適量、醤油小さじ1の調味料と一緒にボウルに入れる。

軽く混ぜ合わせる

 

3:かるく混ぜあわせておく。

ごはんと混ぜる

 

4:炊きたてのご飯と鰹節(あれば)を加えて混ぜ合わせます。(ご飯が固い場合、冷ご飯で混ざりにくい場合は、出汁を少し加える)
※・炊きたてのご飯で作る場合は、出汁は入れない方が、綺麗に握れます。

 

5:食べやすい大きさに握ってできあがり!お好みで海苔を巻いてください。

 

<日本橋だし研究所の天然だしパックの特徴>

【江戸前】

特に関東で好まれる、カツオと昆布の合わせだし。昔から相性が良いとされるブレンドで、旨味の相乗効果をご実感いただけます。

【万能】

鰹節、鯖節、鰯節に、昆布と椎茸をバランス良くブレンドした、どんな料理にも合う万能だし。薄口しょうゆとの相性が抜群です。

【上方】

上方で好まれたキリッと澄んだ味わい、軽やかに広がる気品ある香りを実現。カツオとマグロの節に、昆布でまろやかさも加えました。

【あご】

北九州地方を中心に好まれる焼きあごを配合。香ばしい香りと深みのあるコクとすっきり上品な風味を生かした、個性豊かな味わいです。

【鰹十割】

鰹節の最上級品、本枯れ節のみを贅沢な粗砕削りに仕上げてパック。煮炊き物に適した濃厚で力強い味わい、ふくいくとした香りが魅力です。

購入ボタン

日本橋だし研究所 日本橋かほり白だし

 

無添加・塩分フリーの天然だしパックの他、無添加の液体だし「日本橋かほり白だし」もご用意させて頂いております。
「日本橋かほり白だし」は、ずばり 健康+美味しさをとことん意識して開発された商品です。山長商店のだし職人が特に香りの高い節を吟味し、削り上げた「削り節」を使った「かほり(香り)」の高さ、良さが特長です。

沢山お使いになる方に向けまして1Lペットボトルもご用意させて頂いております。

購入ボタン

 

 

日本橋かほりぽん酢

 

また、新商品の「日本橋かほり ぽん酢」も合わせてお試し頂ければと思います。
すだち、柚子、橙をふんだんに使用し、果汁をブレンドすることでふくよかで上品な味わいに仕上がっております。さらに柚子皮を入れることで、柚子本来の風味もお楽しみ頂けます。また、お客様の健康に配慮した化学調味料を使わない「ぽん酢」ですので安心してお使いいただけます。

購入ボタン

 

 

 

 

住所:〒103-8001東京都中央区日本橋室町1-4-1

営業時間 午前10時~午後7時30分

定休日 日本橋三越本店の休館日に準じます。

皆様のご来店心よりお待ちしております。